任意整理の流れとは

任意整理のメリットについて説明してきましたが、任意整理は個人で出来ませんので、最初に弁護士に相談する必要があります。任意整理の無料相談窓口を設けている弁護士事務所も少なくありません。そういった弁護士事務所は任意整理を何度も手がけていますので、安心して相談が出来るでしょう。(参考サイト:弁護士の無料相談窓口/アディーレ

そして、現在借り入れている貸金業者の名前、借入金額、借入時期などの情報をまとめておきましょう。こういった記憶はあやふやになってしまうものなので、契約書や明細を持参することがベストです。

電卓そして、複数の貸金業者から借金をしていると、どの貸金業者から借りているか分からなくなるケースもあります。そのため、自分がどこの貸金業者からいくら借金しているのか確認しましょう

そして、弁護士は引き直し計算を行って、毎月返済出来そうな金額を決定します。自分の現在の収入と照らし合わせて弁護士に相談しましょう。その後に弁護士が貸金業者に対して和解交渉を行い、交渉が成立したら決められた金額を毎月返済してください。また、これまでの任意整理では将来利息がカットされていたのですが、現在は利息を要求する貸金業者が増加しています。そのため、任意整理後の利息がどのような扱いになるのか弁護士に確認してください。

任意整理のメリット

任意整理は債務整理のひとつですが、そこにはさまざまなメリットがあります。借金の返済で苦労している方の中には任意整理を検討する方も多いことでしょう。任意整理とは弁護士に依頼して行うものですが、これによって貸金業者からの支払督促が止まるのです。そして、債務整理の中には個人再生や自己破産などがありますが、裁判所を通して手続きを行う必要があります。裁判所まで足を運ぶことは大きな手間ですが、任意整理であればその手間が無いのです。そのため、債務整理の中でも負担の軽い方法でしょう。

弁護士そして、任意整理はこれまでの取引をさかのぼって計算が行われますが、借金をした時期によってはグレーゾーン金利地代に取引をしているケースもあるのです。このグレーゾーン金利は現在撤廃されており、この時期の取引の場合は借金額が大幅に減ることがあります。さらに、場合によっては返済額が払い過ぎというケースもあるのです。これは過払い金と呼ばれており、弁護士に相談することで過払い金を取り返すことも出来ます。

また、任意整理をしたとしても元本がゼロになるわけではありません。元本の返済は必要ですが、本来支払うべき利息が免除されることもあるのです。そのため、任意整理は負担を大きく減らして借金返済が出来ます。しかし、貸金業者によっては利息のカットに応じないケースもあるので注意しましょう。任意整理において何より大切なことは早めに弁護士に相談することです。

任意整理は弁護士へ

やむを得ず借金をすることがありますが、その返済が滞ってしまうことも少なくありません。そこでどうしても返済が困難になった場合、任意整理という方法が用意されているのです。任意整理とは貸金業者と和解をするもので、これによって借金の減額や利息のカットが出来ます。任意整理は裁判所を通す必要もありません。この任意整理は専門的な法律の知識が必要になりますので個人で出来ません。そのため、弁護士に相談する必要があるのです。そして、任意整理をすることで当初の返済額よりも少額で返済が可能になります。

家また、任意整理は債務整理のひとつで、債務整理の種類はそのほかにも個人再生、自己破産、特定調停などがあります。任意整理による借金の減額をしたとしても、残った借金が返済出来ないこともありますが、そういった場合に行われる債務整理が個人再生です。特に住宅ローンの返済が難しくなった場合、住宅を手放すこともありますが個人再生によって住宅を守ることが出来ます。

債務整理の中でも自己破産は広く知られています。任意整理や個人再生の手続きをしても返済が難しい場合、そこで行われる債務整理が自己破産なのです。自己破産の申立が認められると債務を返済する必要が無くなります。そして、特定調停は調停委員が貸金業者と借りての間に入り、今後の返済を提案するものです。こちらでは任意整理について解説いたします。任意整理のメリット任意整理の流れについて知っておきましょう。