任意整理は弁護士へ

やむを得ず借金をすることがありますが、その返済が滞ってしまうことも少なくありません。そこでどうしても返済が困難になった場合、任意整理という方法が用意されているのです。任意整理とは貸金業者と和解をするもので、これによって借金の減額や利息のカットが出来ます。任意整理は裁判所を通す必要もありません。この任意整理は専門的な法律の知識が必要になりますので個人で出来ません。そのため、弁護士に相談する必要があるのです。そして、任意整理をすることで当初の返済額よりも少額で返済が可能になります。

家また、任意整理は債務整理のひとつで、債務整理の種類はそのほかにも個人再生、自己破産、特定調停などがあります。任意整理による借金の減額をしたとしても、残った借金が返済出来ないこともありますが、そういった場合に行われる債務整理が個人再生です。特に住宅ローンの返済が難しくなった場合、住宅を手放すこともありますが個人再生によって住宅を守ることが出来ます。

債務整理の中でも自己破産は広く知られています。任意整理や個人再生の手続きをしても返済が難しい場合、そこで行われる債務整理が自己破産なのです。自己破産の申立が認められると債務を返済する必要が無くなります。そして、特定調停は調停委員が貸金業者と借りての間に入り、今後の返済を提案するものです。こちらでは任意整理について解説いたします。任意整理のメリット任意整理の流れについて知っておきましょう。